IR・情報開示の方針

当社は、すべての株主及び投資家の皆様に対して、適時、正確かつ公平な情報を提供するために、証券取引法及び名古屋証券取引所が定める適時開示規則に沿って情報開示を行います。 また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、株主及び投資家の皆様に当社を理解していただく上で有用と判断される場合は、積極的に開示していく方針です。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、国内証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(TDnet)において公開し、メディアへの資料配布(プレスリリース)を行います。TDnetで公開した情報のホームページへの掲載は、適時開示規則により報道機関への発表後最低12時間を経過した後に掲載します。なお、PDFファイルその他ツールの準備の都合上、当ウェブサイトへの掲載時期が12時間より遅れることもございます。

業績予想等について

当社ウェブサイトに掲載されている情報の中には、当社の将来の戦略・見通し・見解等が含まれる場合がありますが、実際の業績は、当該時点におけるさまざまな環境変化等の外的要因により、これらの見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おき下さい。

情報の正確性について

情報の正確性や掲載内容については細心の注意を払っておりますが、なんらそれらの正確性の保証をし、または責任を負うものではありませんのでご了承ください。とりわけ重要事実につきましては、有価証券報告書や他の開示もあわせてご覧いただくことをお奨めいたします。

沈黙期間について

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、情報の公平性を保つため、各四半期決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」と定め、決算内容に関するコメントや質問に対する回答を差し控えさせていただきます。ただし、当該期間中に、公表済みの業績予想と大きく乖離する見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い適宜公表してまいります。

将来の予測について

当社ウェブサイトに掲載している情報のうち過去の歴史的事実以外のものは、現在入手可能な情報に基づく弊社の判断による将来の見通し・予測であり、リスクや不確実性を含んでいます。従いまして実際の業績等は、これら見通し・予測とは異なる結果となる可能性があることをご承知おきください。

ウェブサイトの位置づけ

当社は、ウェブサイトにおける開示を重要な手段の一つと認識しており、原則として重要事実及び重要事実以外の投資上有用と思われる全ての情報につきまして、上記ルールを踏まえて速やかに掲載することに努めております。しかしながら、通信システム上の障害や掲載準備の都合など、様々な理由により当ウェブサイトにおける情報の掲載時期が遅延する場合もありうる旨をご了承願います。 また、当ウェブサイト上では、当社がこれまで開示してきた情報の全てが掲載されているわけではありませんのでご注意願います。

投資判断について

当社ウェブサイト上に掲載されている情報は、当社へのご理解を深めていただくためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資を行われる際には、利用者ご自身のご判断で行われるようお願いいたします。なお、当ウェブサイトのご利用にあたっては、「免責事項」をあわせてご覧ください。